スタッフブログ

すたっふぶろぐ

2021.8.14

★伝統的七夕の日★

「願いごと」の募集は終わってしまいましたが、

今回は「伝統的七夕」についてご紹介します。

 

太陰太陽暦にもとづく七夕を「伝統的七夕」と呼んでいます。

 

もともと七夕の行事は、7月7日といっても現在使われている暦ではなく、旧暦など太陰太陽暦の7月7日に行われていました。これは、月齢およそ6の月が南西の空に輝く夏の夜になります。現在の暦で7月7日は、たいてい梅雨のさなかで、なかなか星も見られません。そこで国立天文台では2001年から「伝統的七夕」の日を広く報じています。

あまり知られていないかもしれませんが、実は、伝統的七夕の日は梅雨明け後で晴天率は高く、月は前半前に沈み、その後は天の川がくっきりと見える観察条件となります。

2021年の伝統的七夕の日は本日8月14日です。明かりを消して星空に目をむけてみませんか?

(出典:「国立天文台HP」)

戻る

閉じる

閉じる